FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

12月3日(土曜日)/適当に何本か光が丘

Category: インラインスケート  
午前中の仕事を終えたあとS-FOURへ寄り道をしていたので光が丘へ着いたのは15時近かった。

20161203_光が丘 IMA(1)

20161203_光が丘 IMA(2)

IMAの光の広場にはなにやらアトラクションが設営されており、たくさんの親子連れで賑わっていた。

適当に何本か滑って、そのあと外周に出た。今がおそらく一年のうちで一番落葉の多い時期だろう。多いところではアスファルトの路面が見えないほど落ち葉が積もっていて、ゆっくり滑らないと隠れた障害物(小枝とか)に躓きそうになるし、バナナの皮を踏みつけたように滑ったりもするので慎重に走った。そんなわけで滑りにくいんだけど風情があって良いなぁ、と思った。

外周から戻ると急に体がだるく、眠気も襲ってきたのでただボーっと突っ立っているとAjiさんに『どうしたの黄昏(たそがれ)ちゃって?』と突っ込まれた。その後しばらく椅子に座ってコックリ、ウトウト。

20161203_光が丘 (1)

アイリやモナは翌日に西東京いこいの森公園で行われる「Kazパ」のタイムチャレンジの練習をしていた。助走8mで15個のパイロンを15.1秒で通過し、ジャスト・オン・タイム(または一番近いタイム)が優勝。同タイムならサドンデスというルールだそうだが、二人とも誤差1秒以内を連発していた。スゴイ (@_@;)

そういえば、光が丘に来ることがあってもあまり滑っているのを見たことが無いはやまるさんとKeikoさんがこの日は珍しく滑っていた。Keikoさんは相馬さんに『(滑るのは)今年二回目』と言っていた。はやまるさんは卜と同じように、適当に基礎技を何本か滑っただけのように見えたが『あー、きょうはもうじゅうぶん滑った』とのこと^^;

20161203_光が丘 (2)

ハマヲさんはいつものようにギター教室。相馬さんのBaby TaylorとはやまるさんのYAMAHAのギターを借りて、生徒はミハナ・ハル・モナの三人。それぞれの進度に合わせて練習課題を出す、その教えぶりを見ていた相馬さんは『三面指しで教えている将棋の先生みたいだ』と。

ミハナとハルは、もうあたりがすっかり暗くなってから『今日はまだ滑ってなかった』といってブーツに履き替え、適当に基礎練を何本か滑っただけで終了。あまりに早く終了したのでAjiさんから『もう終わりかよ!』と突っ込まれるくらい^^;

そんなわけで「適当に何本か」の人が多かった。そんな緩さも、光が丘の良いところだと卜は思っている。
スポンサーサイト




Newer Entry12/09のツイートまとめ

Older Entry11月27日(日曜日)/荒川のんびりロングラン

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS