FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

ヘッドライトの追加購入(その1)

Category: グッズ,ギア  
【※はじめに】

この記事を書いたのは一年以上前。なので内容的にギリギリなところもあるが、一応まだ販売している(入手可能な)商品の事について書いているので鮮度は悪いけどまぁ、いいかな、と^^;

--
2012年1月にGENTOSのHW-888Hというヘッドライトを購入し、同年の7月頃に同じ機種を仕事用としてもう一台購入した。

仕事で使っている方はいつもヘルメットに装着しっぱなしで、粉塵に塗(まみ)れたり雨の中だったりと劣悪な環境で使うこともあり点灯消灯の頻度も高いのだが故障もなく、もうかれこれ三年は使えている。ヘルメットに装着してもズレにくいよう付属の二種類のうちウレタンバンドではなくラバーバンドの方を使っているのだが、一年くらいするとゴムが劣化してあちこちにヒビが入り切れてしまう。そんなわけでバンドは二回新しいのと交換したが、これは消耗品なので仕方がない。

プライベートで使っている方はスケート時に携行し、闇練に通う時や帰宅が夜になってしまう時のナイトラン用であるが、仕事用ほどヘヴィに使っているわけではないのでこれもまだまだ使えそうな感じ。

ではあるがその後、同じGENTOSからいくつか新しいモデルも発売されているようだし、より明るいものを求めたくなるのもライトマニアの性(さが)。

・・・というわけで今回購入したのはコレ。HW-000X。

HW-000X_(1)

HW-000X_(2)

ところで2013年に発売されたHW-999HはHW-777Hの後継機種かと思われたがディマー調光やサブLEDが削られており後継機と言っていいものかどうかわからない。しかし、"HEAD WARS"シリーズではHW-777H以降に発売された機種でサブLEDを搭載したものが無い。"DELTA PEAK"シリーズとの棲み分けを図っているのかも?

「000X発売」と聞いた時には、《ついに888Hの後継機が出るか?!》と期待したのだが、内容を見てみると999Hが明るくなっただけのマイナーチェンジ版っぽい。機能も999Hと変わりがない。価格は999Hが実勢¥2,500前後なのに対して000Xは¥3,500前後と、約¥1,000の差がある。(HW-888Hと999Hの実勢価格はほぼ同じなので、888Hと比べても000Xは約¥1,000の差がある)

HW-888Hとの大きな違いは888Hはリフレクターを採用しているが000Xはコリメータレンズでフォーカスコントロールが付いており、照射範囲を変えられるということだ。

付属品はこれまでのHWシリーズと同じでバンドが二種類。ウレタンバンドのような柔らかいものとヘルメット装着用のシリコンバンド、そしてヘルメットホルダー。

HW-000X_siliconband

以前付属していたラバーバンドが半透明のシリコンバンドに変わっているのは嬉しい改良点だ。ラバーバンドよりはまだ長持ちするような気がするので、今仕事で使っている888Hのバンドをこれに変えてしばらく使ってみることにする。また、ヘルメットホルダーの形状も改良されていて(写真で二種類写っているうちの左側が従来のヘルメットホルダー。右側が000Xの付属品)、これまでよりも装着できるヘルメットの種類が増えたのではないかと思う。

では、HW-888Hとの明るさの違いは、次回の記事で。

(つづく・・・)
スポンサーサイト




Newer Entry12/28のツイートまとめ

Older Entry12/27のツイートまとめ

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS