FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

1月9日(月曜日)/思ったほど乾かなかった光が丘

Category: インラインスケート  
前夜から朝8時頃まで雨が降っており、14時近くになってもまだところどころ路面が濡れていたが、《光が丘なら滑れるだろう》と軽~く考えて東上線に乗ったところ、都内の雨量の方が埼玉よりも多かったのだろうか、成増を降りてみると川越よりさらに路面が乾いていないのを見て少し不安になった。

成増から公園まではCityRunで。北口から公園に入ると外周路はびしょ濡れ。

20170109_光が丘 (1)

この日は前日に出かけた「新春江戸川LongRun」で初めて下ろした新しいフレーム&ウィールを装着したオレンジのSEBA FR1で行ったのでおニューの足回りがドロドロになるなぁ・・・》と思いながらも、滑ってコケたりしないないようにゆっくりとけやき広場へ進んだ。

広場に着いたのが15時頃。いたのは、相馬さんとハルの二人だけ。

20170109_光が丘 (2)

20170109_光が丘 (3)

いつも座っている場所もあまり乾いておらず、荷物を置いたら湿りそうな感じだった。いつもの光が丘なら雨が止めば2,3時間ですっかり路面も乾いて滑るのにも全く問題が無いくらいにはなるのだが、この日は雨が止んでからの日差しが不十分だったうえにほぼ無風だったせいで、なかなか乾かない。

『光が丘でこんなに乾かない事はめったに無いよねー?』と、来る人来る人皆が言ってた。

この日は、まだまだ久しぶりに会ったという人も多く、『あけおめ』から始まって滑るよりおしゃべりの時間が長い。誰も滑らないパイロンレーンにはラジコンカーが入ってきたり乳幼児が勝手にパイロンを並べ替えて遊んだりストライダーや自転車の子どもも勝手にジグザグスラロームをしていたり放題の無法地帯だった。

16時前にワタナベ家が来たころから、ようやく皆滑り出した。いこいの森公園のnakoさんも来た。彼は昔使っていたLABADAのブーツを持ってきていたので《ああ、光らせに来たんだなぁ》と思った。

さて、Flying EagleのSUPERSONICフレームに3×110mmウィールの足回りだが、150cmのメインコースで普通にスラロームができる。もちろん80mm×4輪フラットのようにはいかないが、RB-10の275mmフレーム、90mm×4輪でやるよりも楽に曲がれるように思う。

デュアルスラロームレースにもこのまま使えそう。1番ウィールを上げなくても(ロッカーリングせずとも)いけるんじゃないだろうか。何度か滑ってみた感じでは、デュアルで6秒をなかなか切ることができない卜でもこれを使えば5秒台に入れるような気がする。それが気のせいかそうでないか、いずれタイムも計ってみよう^^;

薄暗くなり始めた16時半頃、実は卜も光らせようと思って「光り物」を持ってきていたので、それを取り出す。



光り物は、やはり面白い。自分の気分もアガるし周囲の人へのアピール度も高く、いろいろな反応が返ってくるのが楽しい。18時少し前に解散。
スポンサーサイト




Newer Entry01/12のツイートまとめ

Older Entry01/11のツイートまとめ

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS