FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

3月25日(土曜日)/いつもの場所では滑れなかったが・・・

Category: インラインスケート  
意外なほど人が来た。

20170325_光が丘 (1)

20170325_光が丘 (2)

20170325_光が丘 (3)

20170325_光が丘 (4)

20170325_光が丘 (5)

この週末は「練馬こぶしハーフマラソン」イベントが行われるため、設営が進んでいた。

こんな状況だということは事前に分かっていたので卜(ぼく)が「けやき広場では滑れないので外周を滑ろうと思います。一緒に滑りませんか?」とFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSに投稿したところ、最近LongRunやCityRunイベントでご一緒することが多い、みどりいろさんとSatoshiさんが来てくれた。

ヤマザキさん(ママ)とシンタロウくんユースケくん、オトハちゃんとママ、リヒトくんとママ、ナリフミくんとママ、リオちゃんとパパ、等々、わりと公園の近所にお住まいのファミリーが何組も来てくれた。

このように、光が丘のスケーターは子どもと付き添いのママやパパ、という構成が最近多い。

子どもが滑っている間、親はイドバタ、というのが定型なのだが、付き添いの親御さんたちにも、(スケートを)子どもにやらせるだけじゃなく一緒にやってみませんか?という誘いは、機を見て行なっている。その中からちらほら、スケートをやってくれそうな人も出てきている。

Ajiさんとホカゾノさんもいつもの場所では滑れないとわかっていたが、来た。ホカゾノさんはOvationのギター持参だった。
相馬さんもギターを持ってきていたが、いろいろ話をしているうちにオトハちゃんのママがギター経験者であることがわかり、しきりにギターを勧めていた。『パイロンズの軽音部、一名追加 (^^)』と嬉しそうな相馬さんだったが、卜は「ギターもそうですけど、インラインも勧めないと」と釘を刺すのを忘れなかった^^;

その後、Andrewも来た。彼はまた新しい技を習得したいらしく「トレノさんのiPhoneにはInlineskatesの動画がたくさん入っていますがMexicanはありますか?」と聞かれたが、残念ながらMexicanの動画は無かった。

陽が出ている間は半袖Tシャツ一枚でいられるくらいの暖かさだったが、陽が翳ると急に寒くなり、マフラー無しではいられなくなった。着るものに困る気候。

17時半頃に解散。
スポンサーサイト




Newer Entry4月1日(土曜日)/光が丘でプレ・プチ花見

Older Entry04/02のツイートまとめ

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS