FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

6月3日(土曜日)/Long Distance Skate Shinagawa St. to Yokota Air Base 65km

Category: CR,LR  
品川駅を起点に六郷橋から多摩川サイクリングロードで川沿いに下り、福生の横田基地を目指す約70kmのランに行ってきた。

20170603_TamaRiver_LongRun (1)

先日の100kmランの時もそうだったが今回も前日まで行くか行くまいか迷った。何故ならば約70kmという距離を完走できる自信が無かった(むしろ不安感の方が強かった)からである。無理なら途中でリタイア、行けるところまで行ってみよう、と思い切って参加することにした。

天気は曇り~晴れで、日差しは初夏を思わせるものがあったけれど湿度は低く、風が涼しく感じられた。今回は保冷バッグに保冷剤と水に浸したタオルを二本、500mlの凍結ペットボトル飲料を二本と、その他に出発直前に買った500mlのスポーツドリンクを持ち、日よけにつばの広く風通しの良い麦わら帽子を被る、など、暑さ対策も万全だったし、100kmランの時ほど熱中症の危険を感じることは無かった。

20170603_TamaRiver_LongRun (2)

品川の港南口を9時にスタートし、旧東海道へ入る。この日はお祭りがあっていくつもの神輿や山車とすれ違ったり追い抜いたり。

20170603_TamaRiver_LongRun (3)

20170603_TamaRiver_LongRun (4)

南大井からは第一京浜の西側を行き、京急蒲田のあたりで第一京浜を横切って東側へ、多摩川六郷緑地を目指す。以前、東京CityRunの終了後に横浜まで走った時と同じ道を通ろうとしたが道をハッキリ覚えている人がおらず、テキトーにジグザグと進んだ^^;

多摩川の土手に突き当り、堤防上の道へ上がる。雑色排水機場の水門を過ぎて、赤茶色の広場(六郷のスラロームスポット)が見えたが、スケートをしている人は誰もいなかった。(ひょっとしたらサロモンさんかぶちさんが来ているかもしれないと思ったのだが・・・)

新六郷橋の袂で堤防上から河川敷に下りて、第一回目の休憩。すでにここまでで13kmくらい。多摩川に出るまでがちょっと長すぎる。次回があるとしたら蒲田とか六郷土手とか、もっと多摩川に近いところからスタートしようよ^^;

20170603_TamaRiver_LongRun (5)

20170603_TamaRiver_LongRun (6)

20170603_TamaRiver_LongRun (7)

しばらく多摩川沿いに走るが、中原街道(丸子橋)を越えてから多摩堤通りへ入り、一般道を走る。このあたりから卜(ぼく)は他の人たちのペースに付いていくのがツラくなり、ひとり皆から離れて遅れだす。今回は全体的に100kmを走った時よりもはるかにハイペースだった。しかし、ここで皆に追いつこうと頑張ってしまうと完走できそうにないので、あえてスピードを上げず、なるべく一定のペースを維持しようと思った。この先どうしても付いていかれないようならリタイアも止む無しかな、と。

20170603_TamaRiver_LongRun (8)

20170603_TamaRiver_LongRun (9)

そんな感じで滑っているうちに、目黒通りを越えた先、野毛の善養密寺という怪しげな(?^^;)お寺の門前で二回目の休憩。卜はここでブーツを脱いで足を休めた。足首が痛い。スタートから約25km地点、時刻は11時半くらいだった。首に巻いていた一本目の冷やしタオルがほとんど乾いていたのでお寺の水道を借りて水に浸す。まだ半分の距離も来ていないので二本目のタオルは温存。

この休憩時に昼食をどうしようかの相談をした。15km先の京王多摩川まで行ってどこかお店に入ろう、ということに決め、再スタート。二子玉を過ぎて駒沢通りのあたりで一度コンビニお買い物休憩。

20170603_TamaRiver_LongRun (10)

小田急の和泉多摩川駅で参加者の一人パンプが(『ちょっと野暮用がある』とのことで)途中離脱のお見送り。この区間はしばらく多摩川を離れてのCityRunになったが、調布の染地のあたりで堤防上のサイクリングロードに復帰。それから約2kmは結構なスピードで走り、京王多摩川駅に着いた。

ところが目当てにしていたそば屋さんはシャッターが下りていた。駅周辺を探したら中華料理屋を見つけたので、飛び込みで入る。これがなかなか当たりな店で、一品一品の盛りが良くて味もそこそこ。お会計が一人当たり¥560で腹いっぱい食えた。店のコンセントでiPhoneの充電もできたし、ここで休憩を取れたことで残りの距離を走りきるHPが回復できたと思う。

ここまでで約38km。ここから次の休憩ポイントまでの約15kmは、さすがに日差しがキツく感じられ暑かった。この区間で二本目の冷やしタオルと二本目の凍結ペットボトルを投入。

20170603_TamaRiver_LongRun (11)

是政橋

20170603_TamaRiver_LongRun (13)

八高線を越えてからは舗装が荒れ、道幅も狭かったので難儀だった。でも、川を下るにつれ緑も多くなり、風景はいかにも「多摩」らしくなって、意外に気分は良かった。

20170603_TamaRiver_LongRun (14)

20170603_TamaRiver_LongRun (15)

20170603_TamaRiver_LongRun (12)

秋川との出合い下流部にある堰

多摩川緑地福生南公園のあたりから多摩川沿いを外れて一般道を横田基地目指して進む。が、なかなかR16へ出られず(立体交差の下をくぐってしまったりしながら)道に迷ったりもしつつ、ゴール!

20170603_TamaRiver_LongRun (23)

20170603_TamaRiver_LongRun (16)

20170603_TamaRiver_LongRun (17)

DEMODE DINERの店先のテーブルへたどり着き、スケートブーツを脱ぐのもそこそこにビールを注文。渇いた喉に流し込む。いやぁ美味いこと美味いこと。ピッチャーが一瞬でカラになった。

20170603_TamaRiver_LongRun (18)

とりあえずビールで落ち着いたので荷物をまとめ、皆で奥のテーブル席へ移動。

20170603_TamaRiver_LongRun (19)

20170603_TamaRiver_LongRun (20)

20170603_TamaRiver_LongRun (21)

〆はburgerで。

20170603_TamaRiver_LongRun (24)

20170603_TamaRiver_LongRun (22)

・・・の後にBlue Sealに立ち寄り、デザートのアイスを食ってから東福生駅まで歩いた。

19:45東福生駅発の八高線、ほかの皆は八王子方面へ、卜は独り川越方面へ。別れ際のJiroさんの「Bye-bye、また一緒に遊ぼうね~!」ってフレーズが、なんか嬉しかった。

前回の100kmランでは脛や腿に疲れが溜まって足腰ガクガクな感じになったし、翌日以降一週間くらい筋肉痛が取れなかったのだが、今回は不思議なことに筋肉痛とか足が攣るとかは全く無かった。そのかわり足首とくるぶしが痛くて、疲労骨折するんじゃないかと思うくらいだった。火曜日あたりまで湿布薬を貼っていたら日に日に痛みは和らいでいったので、まあ大丈夫だろう。

気候が良かったせいもあるが、今回はゾンビ化せずに済んだし、景色を眺めながら走る心の余裕もあった。しかしまた「70km走ろう」ってイベントがあったとしたら、参加しようかどうか直前まで迷うだろうな。ためらわずに参加できる距離はせいぜい40kmくらいまでで、それ以上となると完走できる自信はまだまだ持てない^^;

20170603_TamaRiver_LongRun (25)

iPhoneの"Rantastic"アプリで記録をしたこの結果、平均速度とか所要時間は適当。休憩中でも一時停止せずにそのままにしてたりとかしたので・・・。あと、歩数とかも。スケートなので^^;

(※当記事に掲載の写真の一部は、イベント参加者の皆さんのSNS等にアップロードされたものを頂きました)
スポンサーサイト




Newer Entry06/09のツイートまとめ

Older Entry06/07のツイートまとめ

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS