FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

9月24日(日曜日)/荒川お試しランからの光が丘

Category: インラインスケート  
前日(土曜日)にリヒトくんのママから『明日荒川の日ですよね?トレノさん行くんですか?』と訊かれた。彼女はとても荒川に興味があるようで、これまでもたびたび荒川についての質問を受けてきた。

リヒト君は小学一年生だしその下のお子さんは三歳で、仕事や家事・育児に忙しくて滑る時間を確保するのもなかなか難しいようだが、この日曜日は時間が取れそうだ、というので「イベント(荒川のんびりロングラン)に参加するのは難しいかもしれないけどイベントとは別に単独行動で荒川に滑りに行きますか?」と聞くと『リヒトが乗り気になってくれたら行ってみたいです』というので、卜(ぼく)とリヒト君とママの三人で「浮間舟渡から下流に向かって行けるとこまで行ってみよう」ということになった。

20170924_RB-10

卜のこの日のブーツは足回りを久しぶりに純正の4×90mmのセットに戻したRB-10。このところ大径3輪ばかりに乗っていたので4×90mmでも遅く感じる^^;

11時に浮間舟渡駅で待ち合わせ、いつもの「荒川のんびりロングラン」イベントの冬季スタート地点から下流に向かってスタート。この日は天気予報で聞いていた(想像していた)より暑くなって少し辛そうかな、と思ったが、滑り出すと涼しい風が当たってなかなか気持ちが良かった。

20170924_Arakawa (1)

最初の休憩場所はスタートから3~4kmの岩淵水門(少し手前の土手の木陰)。この日は定例の「荒川のんびりロングラン」イベントも行われており、東大島をスタートした集団とそろそろ出くわすのではないかと予想していたら、果たして数分後にARARUNの人たちがやってきた。水門のところで休憩をしていたらしい。卜らを見つけると立ち止まってくれたので、やがみさんをはじめ何人かの人たちと挨拶を交わす。

ここでリヒト君に「皆と一緒に今来た道を浮間舟渡まで戻るか、このまま下流に向かって進んで行くか、どっちがいい?」と聞いたら「新しい道の方へ行ってみたい」というので、そのまま下流に向かって進むことにした。

岩淵水門を過ぎるとすぐに、ARARUNのコースでは最長にして最大傾斜の坂道下りがある。リヒト君とママは、坂の中程まで脇の芝生を歩いてそこをクリアした。

それから約5kmの距離を走って、次の休憩ポイントである尾久橋通り(日暮里・舎人ライナー)ガード下付近に到着。ここまでの走行距離は約9km。リヒト君もだいぶ疲れてきている様子だったので、今日はここをゴールにして足立小台駅から電車に乗って帰ろうか?と思っていたのだが、『あと1km走れば10kmを超えるから、もう少しだけ行ってみようよ』とリヒトママ。

次に離脱できそうなポイントが約3km先、日光街道を越えてすぐの常磐線ガード下あたり。そこからは北千住駅まで歩いて行かれそうだったので、「ではもう少し頑張ってみよう!」ということで再スタート。およそ30分後に目的地に到着。初の荒川ランは約12.5kmの距離を約二時間半かけてゴール!

20170924_Arakawa (2)

写真(リヒト君のママのGARMIN)では12.14kmになっているが、一時停止からの再開し忘れで数百m走った区間があったので実際にはもう少し長い距離を走っているはず。卜もRuntasticを起動していたが岩淵水門の休憩後に再開し忘れて途中でログを取るのを止めてしまった(汗

リヒトママに今日走ってみた感想を聞くと『なんとなく20kmは行ける気がします』とのこと。リヒト君も最後の方はだいぶ疲れていたにもかかわらず、スタートした頃よりもスピードが上がっていた。ロングランイベントに参加していると、はじめは親に手を引かれて滑っていた未就学児がゴール間際には一人で立派に滑れるようになっている、なんていうのを目にすることも珍しくはない。一度に長い距離を走るとその日一日だけでその人の滑りが変わる、っていうことがよくある。

毎月コンスタントに長い距離を走っていると滑ることができる距離が徐々に伸びていくのを実感できるのも、ロングランの面白さのひとつである。スラロームで新しい技を身に付けるのとはまた別の「達成感」を味わうことができるし、それが楽しみでスケートを続けることもできる。

光が丘へ来ているメンバーでもまだ何人か誘えそうな人がいるので、また機会を見てお試しランもやりたいと思う。そして、ARARUNやつくばりんりんのようなイベントに皆で参加できるようになれればいいな、と思っている。

さて、荒川を滑った後は北千住から常磐線(上野東京ライン)、山手線、東武東上線と乗り継いで光が丘へ。新しい家族やゲストなど数組が来ていて盛況だった。

20170924_光が丘

卜は前述のように4×90mmのRB-10(しかもヒールブレーキ付き)を履いていたのであまりやれることがなかったが、夕方になってフェスティバルのリレーの練習をした。デュアルの練習もしてみたけど4×90mmのほぼフラット(むしろアンチ気味)でブーツもゆるゆるだしでキッツイわ。6秒台前半が出せればいいところ。

18時半頃に解散、というか撤収。
スポンサーサイト




Newer Entry09/30のツイートまとめ

Older Entry09/29のツイートまとめ

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS