FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

10月1日(日曜日)/ようやく面目を施した感のある光が丘

Category: インラインスケート  
14時少し前に光が丘へ。最近新しく来てくれるようになった家族が何組もいて、15時近くなっても誰も来ていない、なんていうことは無くなった。暑さも和らいでスケートをするには良い気候になったという事もあるかもしれないが、けやき広場だけでなく外周路とか公園のあちこちでスケートをしている家族をたくさん見かけたこの日。

しかし公園の人出も多く、広場がざわついて落ち着かない雰囲気。いつもは夕方近くになって広場の雰囲気が落ち着いてきたところで皆がデュアルの練習を始め、光電管が設置されるパターンだが、この日は暗くなるまで周囲に気を遣いながら、なかなか滑りに集中できない状況が続いた。

20171001_光が丘 (1)

デュアルスラロームレースではいつもスタートダッシュが上手くいかなくて、何年も練習をしているが一向にタイムが伸びない。昨年までは普通に、4×80mmの足回りでやっていたのだけれど今年は3×110mmで出てみようと思っている。ところが、いざ練習を始めてみると一つ目のパイロンに入るまでに十分な加速ができていないと3×110mmのメリットがまったく生かせないということがわかった。

これまでは最初の何歩かを小刻みに、徐々に歩幅を広げていくようなイメージでダッシュをしていた。そして一つ目のパイロンに入るまでの歩数は9。これはここ何年かの練習の中で見つけた、自分ではベストと思えるやり方であったのだが、なかなか上手くいかないので《ダッシュを止めて普通に滑ってみたらどうなんだろう?》と思い、ステップを踏むというよりはストライドに近い形でスタートをしてみたところ、今までのようにタッタッタッタ・・・と走るよりも一つ目のパイロンに入る時にスピードが乗るような気がした。

《・・・あれ?ひょっとして、一所懸命にスタートダッシュしない方が速いんじゃね?》

前回の記事に書いた、ある「気付き」というのは、このことである。

とはいえ、ごく普通にストライドをしていてはやはりスピードは乗らない。これまで9歩でパイロン・インしていたのを、もっと大股でポーンポンと走るようなイメージで、7歩目でパイロンに入るくらいがちょうど良い感じ。このことに気付いた土曜日は卜(ぼく)が光が丘に着いた時にはすでに光電管が片付けられてしまっていたのでタイムがどれくらい違うのかを検証することができなかったが、体感でタイムは上がっているような気がした。

そしてこの日、ダッシュのやりかたを変えたことによってタイムを縮められているかどうか、ちょっとワクワクしながら光電管が設置されたレーンに入ってみた。

結果・・・思ったよりタイムは伸びなかった。自分では良くて0.5秒、悪くても0.3秒くらいは縮まるのではないかと予測していたのだが、それほど甘くは無かった^^;

しかし、これまで調子の良い時で6.1秒くらい、だいたい6.5秒までの間くらいで、10本も走ったらあとは6秒台前半を出すのも怪しくなってくる。そして6秒の壁は厚く、5秒台を出すことはほとんどできなかったのに、3割から4割くらいの確率で6秒を切るタイムを出せるようになってきた。悪くても6.2秒を上回ることがなくなったので、走り方を変えた効果は明らかに出ている。

また、手押しのストップウォッチなどではなく光電管による計時ではこれまでに記録した最速タイムが5.86秒で、それも6年前、まだ卜が40代だった頃に出したものだが、この日はパイロンを一個蹴ってしまったものの5.81秒を出すことができた。

卜くらいの年齢になってくると同じような練習をしているだけでは年々タイムが落ちていく。良くて現状維持が精いっぱいなところだが、それでもタイムが縮められるのはまったく道具(大径3輪)の力によるところで、ここへ来てようやく面目を施した感がある。本番の公式計時での最速はギリギリ決勝に進出することができた一昨年の6.00秒だが、なんとか本番でも6秒を切りたいものだ。

20171001_光が丘 (2)

18時近くなり、そろそろ光電管も片付けようかという頃になってノーミスで5.91秒が出たので「良いタイム 出したところで 止めておく」という句を相馬さんに渡して、撤収^^;
スポンサーサイト




Newer Entry10/03のツイートまとめ

Older Entry9月30日(土曜日)/仕事帰りの光が丘

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS