FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

10月18日(水曜日)/長雨の止み間を狙って集まった光が丘

Category: インラインスケート  
気象庁のウェブページで調べてみると10月1日から25日までの日照時間の合計が66.5時間。一日平均2.66時間。10月13日から25日までだと約二週間の合計日照時間が14.4時間。一日当たり1時間程度。こんなに天気が悪いのは50数年生きてきて初めてじゃないか?と言っても大げさではないくらい天気が悪い今年の10月。

しかも週末になると天気が悪くなる。そのせいで、10月15日に予定していた「インラインスケートフェスティバル光が丘2017」も延期になり、予備日の22日にも開催できず、予定には無かったが10月29日もけやき広場の専有が可能とのことで押さえ、週明けには晴れ予報だったのでこれは開催できるだろうと思ったら台風22号が発生して日本に接近、秋雨前線を刺激してご覧の通りの雨。再再再延期で来月、11月5日に開催の予定だが、その日は「秋のつくばりんりんロングラン」が行われる予定にもなっているのでりんりんに行かれないのは悲しい・・・(T_T)

閑話休題。雨が続いて滑れない日が続くと、ちょっとでも滑れそうな雨の止み間があれば「今日滑らずしていったいいつ滑るのか?」と思うのはインラインスケーターであれば普通のこと。と10月18日はようやく長い雨が止んで路面も乾いたので貴重な「滑れる日」を無駄にするまいと、仕事帰りの19時過ぎに光が丘へ。

20171018_光が丘

けやき広場へ着くと照明のポールの近くで誰か滑っているぞ?誰だろう?・・・近寄ってみると、トモ君だった。「晴れたから滑ろうと思って」とのこと。そりゃそうだ。こう雨続きだと、少しでも滑れそうな日があればそれを逃してなるものか、と思うのはインラインスケーターとしてごく普通の感覚である。

その後しばらくして、駐車場の方からやって来て「お疲れ様でーす」と声を掛けてくる人が。誰かと思ったら、クニエダ君(長男)だった。「天気予報を見ると、今日を逃がしたら今週は滑れる日が無いかもしれないと思って、軽く滑りに来ました」とのこと。

そうだよね。そりゃそうだ。一般的には平日夜の仕事終わりに埼玉からバイクを飛ばしてやって来るなんて奇特、と思われそうだが、インラインスケーターとしてはごくあたりまえの行動で、何の不思議もない。

先日リンちゃんのパパが「最近は日曜日に滑って月曜から仕事へ行き、火曜日になるともう週末のことを考えて(滑りたくて)うずうずしてくる」と言っていた。スケートを始めたばかりの頃って誰でもそうだったと思うんだけど、その感覚をいつまで持ち続けていられるか。なぜその気持ちが薄れてしまうのか?

スラロームでなにかの技を習得するとか今取り組んでいる課題があるとかコンスタントに滑っていないと現状維持できないから、ということ以前に、「滑りたい」という衝動に突き動かされて滑りに来てしまう。単純に、ただ滑ることが楽しい。それが、滑れない(滑らない)理由を上回っている限りは続けていかれるのではないだろうか。

そのうちに、クニエダ君と連絡を取っていたらしいモモンガさんとサワダ君もやってた。モモンガさんは滑らず、サワダ君はクワッドのローラースケート。

トモ君は20時過ぎに撤収、卜(ぼく)も一時間くらい滑ったら満足したのであとはダラダラと井戸端。ゲストの三人はまだ残っていたが彼らを残して21時過に撤収。帰宅する前に雨が降ってきて駅から滑って帰ることができなかったけど、皆さんは濡れずに帰れただろうか?
スポンサーサイト




Newer Entry10/29のツイートまとめ

Older Entry10/28のツイートまとめ

Comments



« »

04 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS