FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

11月26日(日曜日)/久しぶりに80mmを履いた光が丘

Category: インラインスケート  
先日純正の4×90mmフレームに戻したROLLERBLADE RB10だったが、HOTRODフレームと橙色に光る80mmウィールの足回りに付け替えた。ノギスでウィール径を測ってみると、ほぼTokyo Night Cruisinngでのみ使っているこのLEDウィールは一番大きいものと一番小さいものの差が1mmくらい。110mmのウィールのようにかかとだけがメチャ減りということもなく、割と均等に減っている感じだった。今回も、いつもそうしているように踵側と爪先側に大きなウィールを入れるローテーションで組み直した。

80mmウィールを履くのはいつ以来だか覚えていないぐらいの昔、っていうくらい久しぶりだったので自宅から駅へ滑って行くのにとても遅く感じる。(感じるだけでなく実際に遅い。速ければよいというものでもないが^^;)

言うまでもなく、やはり80mmウィールと軸距245mmの短いフレームは小回りが利く。そんなわけで、光が丘に着いてから、久しぶりに(デュアルスラローム練以外の)スラロームを真面目に(?)やってみることにした。ローテーションしたばかりでややアンチ気味のセッティングだったがそんなことは全く気にならずスラロームができる。(110mmや125mmでもできないことはないのだがやっていて面白くない^^;)

20171126_光が丘

最近メインコース脇の時計とけやきの木の間にいくつもパイロンを並べて、リンちゃんやルコちゃん、ユキナちゃんとそのお父さんたちが基礎技の練習を熱心に行なっている。そこでできそうな感じになったらメインコースのパイロンで滑ってみたり、また練習ゾーンに戻ったり。

過度に干渉はしないがいつも気にかけている感じで、練習ゾーンの人が試行錯誤・苦労しているのを見ると、たまに卜(ぼく)やアッジーやモナパパ、相馬さんなどがアドバイスをしに行ったりもする。

皆の成長も著しく、卜がスケートを始めた頃も「それまで一年かけて覚えたことを今の人は一ヶ月でできるようになる」と言われたものだが、最近になって光が丘に通い始めた人たちはそれ以上のスピードで伸びていくように見える。もう成長どころか続けていないとどんどん退化していく卜からしたら羨ましい。

夕方になると、それまであまり目立たなかった卜の足元が徐々に皆の注目を浴びるようになってきた。特に日が暮れるのが早いこの時季、17時にもなれば辺りはもう真っ暗で、闇の中燃えるように(相馬さん曰く)光る橙色のLazerWheelsは行き交う人の足を止めることもしばしば。夜、人前で滑る機会があるならば必ず持っていたいアイテムの一つといえよう^^;
スポンサーサイト




Newer Entry12月2日(土曜日)/あれこれ履き比べてみた光が丘(その1)

Older Entry12/14のツイートまとめ

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS