FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

4月8日(日曜日)/大江戸線一周+放射部で光ヶ丘まで48kmのラン

Category: CR,LR  
山手線一周ランを終えた時に《次は大江戸線一周をやろうかな?》と思ったのを実行に移すことにした。

20180408_大江戸線一周ラン (1)

スタートは新宿中央公園北交差点。ここから反時計回りに都営地下鉄大江戸線の環状部をトレースし、新宿まで戻ってきたら放射部を光が丘まで滑ろうという計画だ。

20180408_大江戸線一周ラン (2)

新宿中央公園の水の広場から真っ直ぐJR新宿駅の方へ向かっていくと車路は地下に潜ってしまい、歩道も駅のロータリーまで地下道になる。そこはスケートで滑って行くのが憚られるので一旦住友ビルの脇で階段(↑写真)を上り、上の道に出た。

新宿駅に突き当たったら南下して代々木方面へ。代々木を過ぎて北参道のあたりまではずーっと下り坂なので楽だ。

滑り出してすぐ気になったのが街中に警察官やパトカーが多いこと。そういえば春の全国交通安全運動真っ最中だったのを思い出す。北参道から千駄ヶ谷へ向かう途中でも、二台の白バイに抜かれ、二か所の交差点で警官の目の前を通らざるを得なかったのだが、特に何か注意をされることもなかった。その後も普段より多くの警察官やパトカーと出会うことになる。

20180408_大江戸線一周ラン (3)

建設中の国立競技場の脇を通り神宮外苑を抜けて青山一丁目~六本木のあたりまでも特に問題無し。六本木の交差点から鳥居坂を下り終えるまでの間、ずーっとパトカーと並走していた。車内の警官と目が合ったりもしたのだが、何のお咎めも無かった。

20180408_大江戸線一周ラン (4)

麻布十番。↑写真の、新一の橋の交差点は2011年の東京Xmasランのゴール地点。ここで皆と記念撮影をし、その後LinomやLeoと一緒に汐留のポケモンセンターへ行ったのを思い出した。

20180408_大江戸線一周ラン (5)

20180408_大江戸線一周ラン (6)

芝公園の花が綺麗だった。

20180408_大江戸線一周ラン (7)

20180408_大江戸線一周ラン (8)

芝公園から望む東京タワー、そして旧台徳院霊廟惣門。

20180408_大江戸線一周ラン (9)

20180408_大江戸線一周ラン (10)

汐留までは迷うことなく来られたのだが、汐留大通りから昭和通りの渡り方(平面交差)がわからず、カレッタ汐留のELVやペデストリアンデッキを上ったり下りたりしながらウロウロ迷った。


20180408_大江戸線一周ラン (10-2)

これでGPSのデータは1kmくらい余計にカウントされているかもしれない。結局横断歩道は見つからず、歩道橋を渡った。

20180408_大江戸線一周ラン (11)

20180408_大江戸線一周ラン (12)

築地の場外市場のあたりはものすごい人、人!こんなに混雑しているとは知らなかった。

20180408_大江戸線一周ラン (13)

人波を抜けるとお馴染みの(何度かTokyo Night Cruisingでここを通過している)波除神社。

20180408_大江戸線一周ラン (14)

そして勝鬨橋を渡る。このあたりで、やや疲労感を覚え始める。春日通りに出て厩橋で隅田川を渡るまではずーっと清澄通りを走るのだが、歩道はブロックや荒れ気味の舗装が多いうえに幅も狭いのと、いくつか小さな川を越えるのに橋の手前が上り坂になっているのが地味に脚を削っていく。この区間は滑っていてまったく楽しくなかったなぁ・・・。

清澄通りも一本裏道に入れば路面も良く滑り易かったりする部分もあるのだが「できるだけ大江戸線に沿って走る」のが今回の趣旨なので、脇道に入ることはしなかった。

春日通りに入ってからも滑りにくさはあまり変わりがなかった。歩道狭く、ガタガタ。徐々に滑りもゾンビ化してくる。

20180408_大江戸線一周ラン (15)

上野広小路。勝鬨橋からここまで一枚の写真も撮っていないのが余裕の無さを物語っているか^^;

20180408_大江戸線一周ラン (16)

20180408_大江戸線一周ラン (17)

後楽園から飯田橋交差点に出たところでこの日二度目の大きな迷い。そういえば以前にも飯田橋の交差点を平面で渡れず歩道橋を渡ったことがあったっけ。この日は首都高5号線沿いに一度新隆慶橋まで上ってから筑土八幡町交差点へ向かうという迂回ルートでクリアした。

そこから東新宿まではいくつも上り坂はあるし歩道は狭いし路面もそれほど良くないしで、もうハムストリングスが攣る寸前になり、立ち止まって小休止をする回数も増えてきた。東新宿を過ぎたらようやく「ホームグラウンドに帰って来た感」で少し気は楽になったが。

20180408_大江戸線一周ラン (18)

20180408_大江戸線一周ラン (19)

そうして新宿中央公園北交差点に戻って来た。ここまで約34km。9時半頃にスタートしてから約三時間。よくアベ10km/h以上を保っていられたものだと思う。しかしこの日のランはここで終わりではない。大江戸線の放射部に沿って光が丘へ向かう。ここまで来たら、もう意地で完走するしかない^^;

清水橋から山手通りで、中野坂上の手前に小さな公園を見つけたのでベンチに座って少し休憩する。ここから光が丘までは路面の状態や勾配などの情報が以前何度か滑ってインプットされているので、手探りで進むような不安は無かった。もうかなり足に来ていたが、少しずつでも進めばいつかは着くだろうくらいの考えで行くことにする。

練馬まで来たところで昼食休憩を取ることにした。練馬駅から徒歩10分弱の場所にある「練馬しおラーメンはないち」。小麦が香る特注麺を、丸鶏と牡蠣の旨みが凝縮された特製スープと絡めた白湯しおらーめんのお店。

20180408_Hanaichi

写真は、しおらーめん(細麺)+味玉¥880。

これで少し復活した。もうゴールまで残りわずか。

20180408_大江戸線一周ラン (20)

20180408_大江戸線一周ラン (21)

練馬春日町を過ぎたら多少路面も良くなり滑りやすくなる。というわけで光が丘着。

20180408_大江戸線一周ラン (22)

20180408_大江戸線一周ラン (23)

総走行距離は山手線一周の時とあまり変わらないが山手線の時よりも疲れたし、上にも書いたが滑っていてあまり面白くない^^;コースだった。「大江戸線に沿って全部滑った」という達成感(というか自己満足感)以外に何もない、一度滑れば二度は滑りたくないランだった。

この日一日で出会った警官・パトカーの数、通り過ぎた交番の数もこれまで行なったシティランの中では一番多かったにもかかわらず、一度も注意を受けることなく滑り終えたのは不思議だった。
スポンサーサイト

Newer Entry4月8日(日曜日)/もう滑る気が起きなかった光が丘

Older Entry05/03のツイートまとめ

Comments



« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS