FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

バックパック

Category: 購入  

滑走場所への交通手段はクルマであることが多いです。クルマなら荷物が多少多かろうがテキトーに積んでいかれます。これまで、クルマ以外でスケートに出かけたのは昨年暮れの神宮外苑に一度だけです。その時は卜(ぼく)とLinomの二人だけだったので、自分と娘のブーツを卜がバッグで持ち運び、ヘルメットやプロテクターは自分の分は自分で持つということで、それぞれがリュックに背負って出かけたのです。これでLeoも一緒に行くとなると大変です。大人ひとりと子ども二人のブーツを手持ちのバッグで運ぶのは骨が折れます。今後も電車や徒歩など、手持ちで行かなければならない事もあるだろうと思い、バックパックを買いました。



今の時期はブーツ本体同様にスケート用のバックパック(スケートメーカーが作っている、ブーツを装着できるようになっているもの)も品薄で、ネットで漁ってもよりどり選べるほどの点数に当たりません。もともとROLLERBLADEかK2ぐらいしか、そういうものを作っていないような気もします。山屋(登山用品を扱う店)などを巡って熱心に探せば、あるいはスケートを装着できるようなものが見つかるかもしれませんが、当てもなく探すのも疲れるなぁ、と思ったので、Linom用にはDeeportのオンラインショップで売られているHolyのものを求めました。



Holy Angel backpack(1)



スケートを持ち運ぶ時はこんな感じになります。バッグの底部に収納されているヘルメットカバーを引き出して、ヘルメットも持ち歩けます。



Holy Angel backpack(2)



だいぶ見た目に嵩張りますが、まぁ仕方ありません。Linomに背負わせてみると「いつも学校に背負っていくランドセルよりぜんぜん軽い」というので、歩きで出かける時には頑張ってもらいましょう。



そしてこれが卜のです。安さ最優先で、ジェイ・スピリッツで売っているのを(怖いもの見たさもありつつ(^^;)買ってみました。



No brand backpack



実物を手にしてみると、それほど粗雑な作りでもなかったし、スケートをぶら下げてみても不安はありません。容量も充分、ていうかちょっと大きすぎるぐらい。もう少し小物を分けて入れられるポケットがあったら、とか、惜しい点もいくつかありますが、二千数百円のものにそこまで求めても仕方ないでしょう。



あとは、ぼくちん(Leo)とうさこさん(妻)の分を、どうするか。だなぁ。

スポンサーサイト




Newer Entry各種イベントのお知らせです

Older Entryウィールとシューレースを交換してみました。

Comments

No title
あら、こいった商品があるのですね!
なるほど~。

先日、外苑から青山1丁目の駅に移動した時
すれ違った親子が、キャスター付きのキャリーバッグに
ヘルメットをつけていたので、これから滑りに行くのかな?
と思いました。
キャスター付きのそれもいいなぁ~、と思っていたところです。

上尾で見た女の子は、ウィールの箇所にカバーをつけて
持ち歩いていたので、それもかわいいなぁ~

とかとか、「みんなどうやって持ち歩いてるの?」と
とても気になるところです。
No title
ウチのうさこさんも「キャスター付きのキャリーバッグがいいんじゃない?」と言っていましたが、荷物の重さも感じないし両手が空くので、卜はバックパック派ですねー。
仕事で使う鞄も、はじめのうちはカジュアルなビジネスバッグを肩から提げて通勤していましたが、どうしても片方の肩ばかりに掛けてしまうのでそのうち肩痛を感じるようになり、現在はバックパックを背負ってます。
キャスター付きスケートバッグのなかには、タイヤにインラインスケートのウィールを使っているものもあるとか。よく転がりそうですよね。
キャスターと持ち手があって転がして持ち運べるけど、背負えるように肩ベルトも付いているという、兼用タイプもあるみたい。
ブレードカバーは卜も欲しいです。電車で運ぶ時にはあった方がいいし、カバーをすれば家の中でも置き場所に困らないし。市販品を購入してもいいのですが、百円ショップで材料仕入れて簡単に自作もできそうですよね。[スケート][ブレードカバー]で検索すると、カバーを自作している人のページがいくつもヒットします。
ブレードカバーにストラップが付いて持ち運びを兼ねられるような商品もあったりします。
ベルトの両端にカラビナの付いたものを、ブーツのカカトの方にあるループベルトに通して、左右のブーツの甲のあたりをベルクロテープで縛ってまとめ、そのまま持ち歩いてる人も見かけます。
小物類をいろいろ選んだり、ファッションを考えたりするのも、スケートの楽しさのひとつ、かな?



« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS