FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

バックワードでパイロンに入ると

Category: 練習  

同じ150cmでも、フォワードの時よりパイロン間隔が広く感じませんか?クロスでもスネークでも、次のパイロンがなかなか来ない感じ。



フォワードではスピード出せるようになってきたけどバックではトロトロ滑ってるっていうのもあるのかな。(いや、きっと、そうにちがいない)



「大蛇のクローズターン(後進時左足先行で反時計回りの場合)で前を向くときに、左足を追い越した右足が次のパイロンを跨ぐ(梁川さんやひで爺が動画でやっているオリジナル版)のは、ある程度のスピードが出ていないと難しい」という話を、こないだの光でかず99さんから聞きました。卜(ぼく)も実は「遠いなぁ」と思っていたんですよ。始めのうちは無理にパイロンを跨ごうとせず、右足はなるべく左のつま先近くを通すようなイメージで回るように練習を重ね、ターンの動作自体をしっかり身に付けた方がいいのかもしれません。



日高のたぐっちさんからはオープンターンについて、「右足先行Fスネークからオープンターンで前から後ろへ向きを変える時に、オリジナル版の動き(反時計回りにターン⇒グーフィーアンチバッククロス状態⇒すぐに前足側からレギュラー方向へ振り向く)が難しければ、ターンを時計回りにして常に進行方向を向く(反対側に振り向く動作を省く)とやりやすい」と教わりました。



過去日記に「時計回りのスピン(ラウンド)ストップがなかなかできない」と書いたことがありましたが、オープンターンも時計回りは苦手だったりするんですけど(汗



いずれにせよ、ターンは「テキトーにやっていたらできた」レベルではしょうがないんで、手を抜かずにやり込むしかありませんね。どちら回りでも、両面できるようになればそれだけ走りの幅が拡がりますもんね。

スポンサーサイト




Newer Entry腹が減る

Older Entry秘密特訓(?)

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS