FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

元旦(その2)

Category: 練習  

そんなわけで、ようやく日記の日付でも年が明けたわけですが(^^;

午後は家族みんなで、かねてから行こう行こうと思っていた川越運動公園に行ってきました。公園デビュー(?)です。

とは言え、ココの公園は何度も来ているんで周囲や中の様子はよくわかっており、休日でもたくさんの人が遊びに来ていることもわかっていました。年末年始は公営の公園は基本的に休園です。駐車場は閉鎖されているんですが、クルマを止められる場所もないわけではありません。

着いてみると、元日というのに大勢の人が訪れていました。入口すぐの場所には遊具があって、子どもたちは真っ先に駆け出していきます。卜(ぼく)と妻は、スケート靴に履き替えます。妻は靴を買ってからまだ一度も滑っていなかったので、この日が初滑走ということになります。以前少し書きましたが、彼女はスキーの経験もあるのでそれほど手間取ることはなく滑れるようになるかな?と思っていたんですがこれが意外に苦労することになりました。

まず、芝生の上で立つ・歩くのは余裕でこなします。ところが、舗装路面に出ると、いきなり及び腰(^^;立っているのがやっとな感じ。体のあちこちが緊張して余分な力入りまくり。転ぶ時には前に転ぶんだよ、プロテクターを付けているんだから痛くないよ。転んでみ?といって、前方に転んで見せます。が、自分でやってみることができません。

とりあえず、後方転倒を避けるために両膝に手をついた姿勢でV字ウォークから始めます。そのうち、膝につけている手を離してみるんですが、いきなり後ろにコケそうな感じ。外から見ていると、娘もそうなんですけど上体は立てたまま足首や膝を深目に曲げる(腰を落とす)、というのが難しいようです。

しばらく、やりたいようにやらせておこうと放置。卜は約1.2kmの外周路を周回してみることにします。普段は路上で滑っているので全開走行ってあまりできないんですけど、ここなら思い切りいけます。川越運動公園の外周はアップダウンも少なく、キモチイイ!ROLLERBLADE SPARK PROは初めて履いた時には「スピード出すぎて怖い」とも思ったものですが、こういう道で思いっきり走るとスピードなんかにはすぐ慣れます。むしろ「モア・スピード!」な感じ。こんなとこばっかり走っていたら100mmとか110mmウィールの靴が欲しくなるわ。(キリがない)この日はHypnoも持って行きましたが、ほとんどRBの方を履きっぱなしでした。

ところでこの日、陸上競技場前あたりでスラ練していた人たち、テニスコート裏でFSK練していた人たち(たぶん
Carlさんたちだと思います)、休日は車が入っていないので下の駐車場にパイロンを並べていた人たち、他にも、子どものsk8練習につきあう家族など、卜らの他にも何人(何組)かのsk8erさんたちがいました。

卜もパイロン並べようかと思ったんだけど、子どもを見ながら妻を見ながらで集中して練習できそうな感じでもなかったんでこの日は外周をぐるぐる回って終わりました。

妻はその後、何度も転びつつ自力で外周を二周するという努力を見せていました。怖がらずに思いっきりいければ、いきなり道が開ける時がくるように思うんですけれど・・・。

スポンサーサイト




Newer Entry日高⇒川越(-その1-)

Older Entry元旦

Comments



« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS