FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

1月26日(日曜日)/やや荒天な光が丘

Category: 練習  

午前中はそうでもなかったのですが昼前から強い風が吹き始めました。これはまた群馬的な(カラっ風)ものかな?と思いました。都内に出ると穏やかな気候ということもよくあるので《成増に着いたらそれほど風も吹いてはいないだろう》と楽観して光が丘へ向かいました。この日は久しぶりのLeoと二人で行きました。



しかし、東上線に乗った頃はまだ空も青かったのが次第に黒い雲に覆われてゆき、電車を降りると家を出た時より風も強まっている有様。《雨が降らなきゃいいがなぁ・・・》というほど怪しげな雲行きになっていました。まぁ、それでもここまで来たら光が丘へ行きますよ(^^;



けやき広場に着くとたくさんの人。公園の人出はそんな天気なのでいつもより少なめでしたが、けやき広場だけはいつもと変わらぬ賑わいでした。メインコースでは何故かパイロン10個で2レーン並べてリレーの練習をしていました。卜(ぼく)らが着いた頃にポツポツと雨粒も落ちてきましたが、誰も気にする人はいません。そしてそんな天気にもかかわらずその後も続々広場にやってくる人たち。結局この日も30人は超えていたのではないでしょうか。ヤマトくんが『こんな天気なのによくみんな来ますねぇ』と言ったら『自分もでしょ!』と即座に突っ込まれていました(^^;・・・しかし、雨もポツポツ以上になることはなかったので良かったです。



風が強かったので三枚重ねのパイロンも時々吹き飛ばされました。風向きもゴール方向からスタート方向へ向かい風が吹くことが多かったので滑りにくかったです。



やがてナガ☆ヤマさんがやって来るとメインコースの1レーンに光電管がセットされ、タイムアタックレーンになりました。しかも漕ぐ力を強化するためにスタート地点をいつもと反対に坂の下にセットして、上り坂でパイロン15個のエンドまで8秒切りを目指します。10mの助走区間を2.5秒くらいでいかないとゴール地点までで8秒を切るのは難しいようです。



この日の子どもたちは皆、光電管がセットされてからは暗くなるまでずーっと何かに取り憑かれたかのように(?)タイムアタックを繰り返していました。



卜は前向き四種(パラレル、クロス、スネーク、ワンフット)のうち、パラレルとワンフットは上り坂でも6秒台は出せます。クロスとスネークも8秒は切れます。が、相変わらずバックではかなりあやしい。パイロン蹴らずに大事に行こうとすると遅いし、思いっ切り行こうとすると運が良ければ8秒も切れるが、たいていはパイロン蹴りまくりでフォームもぐちゃぐちゃになります(;´Д`)



(しかし・・・この日何回かマジダッシュをしたぐらいで今日(火曜日)もまだ筋肉痛が残っています(;´Д`)



Leoは前回に引き続きアンドリュー先生とオープンの練習をしていました。練習間隔が空くので以前の状態を取り戻すのに時間がかかり、ほとんど進歩が見られません。助走をつけて10mくらい真っ直ぐ行かれるところで壁に突き当たっていますが、この壁を乗り越えるのはいつになるだろうか?



17時を過ぎても多少は明るさが残るようになってきましたね。春遠からじ。

スポンサーサイト




Newer Entry週末日記/1月31日(金曜日)~2月2日(日曜日)

Older Entry1月22日(水曜日)/光が丘が明るくなったよ!

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS