FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

6月9日(日曜日)/自宅周辺をちょこっとRun

Category: 日記・エッセイ・コラム  

この日はプライベートな予定が盛りだくさんで、どこかにスケートをしに出かけるというのは無理めでした。



午後に少し時間ができたので、前日の飯能市民体育館用に交換したフレーム&ウィールを、元の屋外用に戻しました。バラす時に順番がごちゃ混ぜになったのでノギスでウィール径を測って、小さい順から左足の2番目⇒右足の2番目⇒左足の3番目⇒右足の3番目⇒左足の1番目⇒右足の1番目⇒左足の4番目⇒右足の4番目・・・といった風に装着。(1番目がつま先側で4番目がカカト側です)



8個のうち最小のウィールが約72mmで、最大のものは約74mmでした。2012年の3月くらいから使っている80mmのウィールが、今そのくらいまで減っている、ということです。これから暑くなるし、あと半年まではもたないかな。



卜(ぼく)がいままでウィールを使い切ったのは、FILA NRKを買った時に新品で装着したLOOKAのウィールです。やはり10mmくらい減ったところでグリップ感が無くなったのと、街中(まちなか)を走っていて気持ちよくないというか漕いでもぜんぜん進まなくてカッタルくなってきました。



今使っているHYPER250をここまで減らしたのは初めてですが、漕いでも進まない、カッタルい感じはまだありませんね。卜は以前から《76mmのウィールだと進まないんで、街中を走るなら最低80mmは欲しいな》という印象を抱いていたんですが、76mm以下に減った状態で滑っていて街乗りにそれほど不満を感じないのも意外です。



前述のようにフラット~ややアンチロッカリング気味(2番3番ウィールより1番4番ウィールの方がわずかに低い(接地する)セット)にしたせいもあると思うんですけど。NRKにLOOKAの時は2番3番ウィールに大きな径のものを嵌めて(ウィールロッカリングして)いたから。



まぁ、でも交換直後は曲がりにくいのは確かなので、次の週末にスラロームをする時のために少しウィールを削っておこうと思い、自宅周辺を約10km、一時間ほど滑りました。初夏の候、日中よりやや涼しくなった夕方に街中を流すのは気持ちが良いものだなぁ、と思います。

スポンサーサイト




Newer Entry6月15日(土曜日)/朝の出勤City Runと午後の光が丘

Older Entry6月8日(土曜日)/飯能スケートパーティ

Comments



« »

08 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS