FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

2月9日(土曜日)/光が丘で大蛇小蛇(オロチコロチ)

Category: 練習  

Leoと二人で光が丘へ。



20130209_光が丘 (1)



20130209_光が丘 (2)



広場のあちこちで改修工事が行われているようでした。水飲み場も新しくなるみたい。



この日も、飽きもせず小蛇(コロチ)の練習。そして、『大蛇(オロチ)もやりたい』というので、バックスネークがなんとかできないものかと練習を開始。



20130209_光が丘 (3)



このところ、やたら蛇づいています。まぁ、今年の干支でもありますしね。・・・関係ないけど。



小さい子どもには、言葉で説明するより何度もやって見せる方がいいのではないか?というか、それしか教える方法が無いというか。ってことで、卜(ぼく)が「ここで足をザクっと」「で、足をコネっと」などと意味不明・感覚的(長嶋茂雄的ともいう?)な言葉を織り交ぜながら繰り返し実演をします。



すると、やがて彼はフォワード(前向き)スネーク同様、バックスネークも「クロスの仲間」であることに気づいた様子。そうそう。それに気づくのは大事。



ちなみにLeoはまだバッククロスもできず、バックワード関係については手がかりがなかなかつかめない状況が続いていたのですが、この日の練習で、「これはできるようになりそうだぞ?の入口」くらいにはたどり着いたような気がしました。



大蛇の最後に出てくるBスピンも教えました。彼はそれを“酒の壺”と勝手に名付けて(ヤマタノオロチに飲ませた酒の壺を連想したらしい)クルクルと練習するのですが、同じ方向に回ってばかりいると気持ちが悪くなるので、続けて練習できません(^^;



もうひとつ、「コロちゃん(小蛇)のクローズターンとは違い、オロちゃん(大蛇)のクローズターンではパイロンを手前で差すのではなく、追い越す」ことも教えました。いきなり150cm間隔では無理そうなので、120cm間隔のミニパイロンでとりあえずやってみたのがコレ。なんとなく大蛇。





正直ここまでできるようになるとは思っていませんでした。(これでもけっこうな進歩なのです)

スポンサーサイト




Newer Entry2月11日(月曜日)/滑り続けていないと凍える光が丘

Older Entry2月2日(土曜日)/光が丘

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS