FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

2月2日(土曜日)/光が丘

Category: 練習  

Leoと二人で光が丘へ。



ムラ気な彼がやる気を見せているので、この日もひとつひとつ課題をこなしていきました。



まず、バックワードスケーティング。バックの肝はやはりいかに半身の姿勢を取れるか。ですが、これがなかなか難しいのです。



以前、卜(ぼく)が後ろ向きに滑れるようになった過程を書いたことがありましたが、その経験や当時いろいろな方からいただいたアドバイスを元に、最初は後ろを振り向かずにバックスウィズル、バックウォークから始めて、一列に並べたパイロンの横を、パイロンを脇に見るようにしながらのバックスウィズル、バックウォーク。パイロンを跨いでのバックスウィズル、バックウォーク・・・と段階的に教えていくのですが、なかなか上手く振り向きの姿勢が取れません。



Leoがバックの練習をしているのを見ていたモナちゃんも『バックの練習をしたい』、ということで一緒に練習しましたが、彼女はスジも良いし練習熱心、というかできるまでやらなきゃ気がすまない(?)性格なので、遠からず後ろ向きにも滑れるようになりそうな感じです。



20130202_光が丘



この日はいつも80cmのレーンが2本並んでいる場所に、120cmのレーンを1本作りました。Leoとかモナちゃんくらいの身体のサイズでは、いきなりメインコース(150cmのラージパイロン)に入るより、120でミニパイロンの方が練習しやすいようです。



バックワードの練習の他には前週に引き続き小蛇(コロチ)の練習。Leoは一進一退ですが、なにかやっていて面白いらしく、何度も繰り返し滑っていました。





デンジャラガールズ(ミハナ、ハル、リナ)も先週から始めたクローズターンの練習のおさらいと、この日からバックスネークの練習を始めました。(彼女たちはバッククロスはだいたいできるのですが、バックスネークはあまり練習したことがありませんでした)



卜がゆっくり滑って見せたり、彼女らに併走して左右の足で漕ぐタイミングを声掛けしているうちに、だいぶそれらしくなってきました。みんな、今年中には何かしらルーチンを滑れるぐらいになっているのではないかな、と思います。



そうして卜は、後から始めた皆に抜かれてゆくのです。

スポンサーサイト




Newer Entry2月9日(土曜日)/光が丘で大蛇小蛇(オロチコロチ)

Older Entryサファイア

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS