FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

光が丘盲腸探訪

Category: 日記・エッセイ・コラム  

1月13日(日曜日)に光が丘へ。14時過ぎにけやき広場へ着きました。一番乗りでした。



メインレーン(いつもパイロンを並べている場所)にもたくさんの家族連れがいて、バドミントンやらボール遊びやらをしており、パイロンを並べられるような状況ではありませんでした。(もっとも、並べようにもパイロンを持ってきていませんでしたが・・・。最近あまりパイロンを持ち歩かなくなりました(^^;)



この日は連休の中日でもあったし、暖かく穏やかな気候で絶好の外出日和だったせいでしょうか。公園に訪れる人がたいへん多く、園内の放送でも『駐車場が満車で入退場に時間がかかっている』旨のアナウンスが流されていました。



スケート靴に履き替え、メインレーン付近でウォームアップの8サークルや、パイロン無しの“エア大蛇”“エア飛燕”などで滑ったりしながら、他の来園者にゆるやかに存在をアピール。徐々に縄張り(?)を広げてゆきました。



そのうち大和君がやってきて、とりあえず1レーン確保。その後、モナちゃん家の皆さんが来た頃にようやく2レーン目を並べられるようになりました。



しかし最近、光のアーチの階段下からパイロンのスタート位置あたりまでスケボー君たちが侵食してくるようになりました。もともと階段下はBMXの人たちの縄張りで、スケボー君たちは水路の裏側あたりで滑っていたはずですが、しばらく階段下に自転車の人たちがいなかったので移ってきたのです。



インラインエリアとスタート位置が被るし、小さい子どもが遊んでいたりもするのに周囲の状況お構いなしだったりするので、そのうち事故でも起きなければいいんだが。と心配をしているところです。



さて、この日は前回来た時に終点まで見てこられなかった“光が丘の盲腸”の端を見てきました。



20120113_光が丘 (1)



公園の外周路から横断歩道橋のスロープを登っていきます。



20120113_光が丘 (2)



上れば下りもあります。



20120113_光が丘 (3)



折り返して・・・



20120113_光が丘 (4)



突き当たりを右に行くと緩やかなスロープ。



20120113_光が丘 (5)



左に行くと二段階で急なスロープ。ここを下りるのは快感ですが、左側がブラインドなので他の交通に注意しないといけません。



20120113_光が丘 (6)



歩道橋を下りてからも坂は続きます。



20120113_光が丘 (7)



途中に「とんぼ池」があります。



20120113_光が丘 (8)



20120113_光が丘 (9)



出入り口までずっと下り勾配です。



20120113_光が丘 (10)



最終コーナーを曲がると・・・



20120113_光が丘 (11)



すぐに公園の出入口が見えました。



20120113_光が丘 (12)



20120113_光が丘 (13)



案内板がありました。



ここまで下ってくるのはとても気持ちいいのですが、帰りはずーっと坂を上っていかなくてはなりません。けっこう疲れます(;´∀`)

スポンサーサイト




Newer Entry1月27日(日曜日)/光が丘

Older EntryiPhoneの壁紙を「ペアルック」に

Comments



« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS