FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

自宅~安比奈親水公園・往復25kmラン(‐その2‐)

Category: 日記・エッセイ・コラム  

(・・・‐その1‐からの続き)



さて、安比奈親水公園からの帰路、初雁橋から川越橋までのツラい荒れ舗装区間をなんとか回避できないものかと、往路とは反対側、入間川左岸の堤防上道路を行ってみることにしました。



41_川越線踏切 (1)



初雁橋の西詰で県道を渡り、橋を渡る手前で左折して堤防上へ。しばらく進むとJR川越線に道を阻まれます。



42_川越線踏切 (2)



ここはスケート靴を履いたまま土手を降りて、鉄橋の下をくぐりました。



43_川越線踏切 (3)



線路を越えた先は再び管理用道路。



44_東上線踏切 (1)



しかし、大変残念なことに、しばらく行くと今度は東武東上線に通せんぼをくらいます。



45_東上線踏切 (2)



ここも土手を降りて鉄橋をくぐりました(^^;



土手を降りて鉄橋をくぐるのはとても面倒臭いように思われるかもしれませんが、次からも卜(ぼく)は初雁橋⇔川越橋間をこっち(入間川左岸)のルートで行くと思います。それほど向こう側(自転車道)は荒れている(スケートでは走りたくない)ということです。あれ、タイヤの細いロードバイクなんかでもかなり振動がキツイのではなかろうか?埼玉県土木整備部に改修要望上げてみようかしらね。



落合橋から上流側約400mぐらいと、平塚橋のアンダーパスなど、土手を降りて河川敷を走る区間は道が良くないです。大雨の時には水没することもあるので舗装が荒れてしまうのでしょうね。初雁橋⇔川越橋間では東上線と川越線の線路で堤防上の管理用道路が切れてしまうので、自転車道を避けることができないのがスケート乗りにとってはツラいところです。



46_雁見橋西詰



雁見橋まで戻ってきたところで、その先も左岸の堤防上を行ってみることにしました。



47_平塚橋西詰



平塚橋の西詰。ここでもさらに堤防上を行きます。



48_小畔川堤防出合い (1)



やがて、左側から小畔川右岸の堤防が合ってきます。



49_小畔川堤防出合い (2)



入間川左岸の堤防と小畔川右岸の堤防の出合い。これで未踏破区間だった雁見橋から入間川・小畔川出合いの入間川左岸も走れました。先に見えるのは落合橋です。この日はここでUターンをするように小畔川CRへ入って精進場橋まで戻って帰宅するという、いつものパターンでトータル走行距離27.3km、所要時間2時間20分でした。



落合橋から川越橋までの間は、「入間川サイクリングロードを走る」ということにこだわらなければ、左岸堤防上の管理用道路の方が道幅が広く路面も良いので走りやすいですね。厳密に言うと、管理用道路を通行するのは法的にグレーな行為ではあるのですが、スケートで滑っていて咎められることはまずないでしょう。



ところで、各地のサイクリングロードで問題になっていますが、入間川サイクリングロードでも、歩行者や他の自転車など気にすることもなく、すれ違いや追い抜きでも速度を緩めることなく全速力で駆け抜けるロードバイクがたまにいます。前方からやってきたら止めて、注意をしてやった方がいいんですかね?それとも、そういう輩には言うだけ無駄なんでしょうか(; ・`д・´)



すれ違いや追い越しで歩行者を脅かすような走り方は法規云々以前の問題だと思います。

スポンサーサイト




Newer Entryいろいろ久しぶりで

Older Entry自宅~安比奈親水公園・往復25kmラン(‐その1‐)

Comments



« »

05 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS