FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

ウィールのセッティングとかローテーションの話(‐その1‐)

Category: 日記・エッセイ・コラム  

冒頭断っておきますが、この記事を書いたのは昨年(2010年)の暮れ頃で、アップロードする機会を失ったままになっていたのを掘り起こしたものです。アカデミック(?)な考察とかそういうのは何もありませんし、インラインスケートをしている人ならば誰でも知っているような話ばかりです。卜(ぼく)はこうしている、といったようなことを淡々と書き連ねているだけで誰の参考にもならないチラ裏記事になるかと思いますが、怒らないでください(^^;



話の前提として、右足のつま先側ウィールを1番~カカト側を4番、左足のつま先側を5番~カカト側を8番と呼ぶことにします。



1番から8番まで同じ径のウィールを装着していても、カカト、それも利き足側(4番)が一番減りが早いと思います。その次はつま先(1番)のウィールでしょうか。そして、細かいことを言うならウィールの外縁より内縁の方が減りやすいです。



そのため、一般的に言われているローテーションの方法は1⇔7,2⇔8,3⇔5,4⇔6と、装着位置とウィールの表裏をひっくり返して取り替える方法です。ウィール全体を長持ちさせよう、8輪を平均的に減らしていこうという場合には、この方法が一番です。CRやLRなどの街乗り、公園を周回するフィットネススケーティングなどが中心で、パイロンスラロームのようなことはしない、という場合には、基本的にこの方法でローテーションを行っていけばよいと思います。ただし、ローテーションをマメに行わないと1,4,5,8番ウィールと2,3,6,7番ウィールの径差が大きくなるにしたがってローテーション直後に“アンチロッカード”と言われる状態がキツくなり、乗りにくくなる場合もある、という点は気にしておいた方がいいです。



“アンチロッカード”というのは1番4番,5番8番といった、フレームの両端に装着するウィールの径が、2番3番,6番7番といったフレームの中側に装着するウィールの径より大きい状態のことで、直進安定性が増しますが旋回性が悪くなります。



平坦な場所だけを滑るとは限らず、むしろ「自分の意思で曲げようと思わなければ曲がらない」ことが求められるアグレッシブと呼ばれるジャンルでは、不意・不測な挙動変化の起きにくい“アンチロッカード”セッティングが好まれます。



スラロームをしていると、フォワード(前進方向)だけでなくバックワード(後進方向)にもよく滑りますので、あまりバックでは滑らないという人に比べればつま先側のウィールの減りも早くなります。1番から8番まで同じ径のウィールを装着していても、暫く滑っているうちに自然と“ロッカード”(アンチロッカードとは逆に1,4番と5,8番が2,3番と6,7番ウィールより小さい)になっていくのが普通です。そして、ロッカードでは直進安定性は悪くなりますが旋回性が良くなります。



スラロームを愛好する人たちは1,4番と5,8番に72mm、2,3番と6,7番に76mm、とか、1,4番と5,8番に76mm、2,3番と6,7番に80mmといった径の異なるウィールを装着(ウィール・ロッカリング)したり、ナット受けの向きを変えることによってアクスルシャフトの高低差が付けられるフレームを使ったり、「バナナフレーム」という、はじめからシャフトに高低差が付けてあるフレームを装着したりして、人為的に(ワザと)ロッカードにする(ロッカリング)ことが多いです。ちょっとした重心の移動でも曲がりやすい、「“乗り物”としては不安定な状態」とも言えますが、それを制御する技術を身に付けるのもスケートの面白さのひとつです。



前述のように普通に滑っていても多少ロッカードになりますから、最初からロッカリングしているとそのうちウィール径の差(高低差)が大きくなりすぎるといったことになる場合もあります。そんな状態を「激ロッカ」(ロッカードの状態が激しい)などと呼んだりもしています。



スラロームをやる人でも、フラット(全輪同径、シャフトの高低差なし)セッティングにしている人もいます。1番と5番(両足のつま先側)ウィールだけを上げて(径を小さくして)いる場合もあります。フレーム長とウィール径の関係や同じスラロームでもトリックスラロームが中心かFSSが中心か、等々、好みとか滑りのスタイルの問題でもありますし、各人なりの考え方があって、何が良い悪いということは一概に言えません。



《ウチのblogなんかよりよほど参考になるwebページ》





‐その2‐に続く・・・)

スポンサーサイト




Newer Entryウィールのセッティングとかローテーションの話(‐その2‐)

Older Entry乗っているのか乗せられているのか

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS