FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

そして、フェスティバル!(5)

Category: 日記・エッセイ・コラム  

(・・・‐4‐からの続き)



Leoは今年のデュアルレースで予選突破を目標に掲げていましたが、卜(ぼく)とLinomは「去年よりタイムと順位を上げること」を目標にしていました。



はたして卜はタイムは昨年の0.02秒落ち。順位はシニア22位⇒16位でしたが、順位は相対的なもので、今年は昨年に比べて全体で40人ぐらい出場者が減ったので、昨年と同じくらいの参加者がいたらそれほど変わらないか、下げていたかもしれませんね。



Linomは昨年よりタイムを約1秒縮め、順位がジュニア女子22位⇒14位。練習時に何度か9秒台を出していたんですが、本番では10秒を切れませんでしたねー。



デュアルのキッズ・ジュニアクラスの決勝が終わると、次のプログラムはパイロンアタック。光が丘でリハーサルをした時にウチの子どもたちも滑らせてもらって、「面白い」「本番も出たい」と言っていたのですが、Leoはデュアル決勝が終わったあと緊張が一気に解けたのかしばらく放心状態でした。聞くと『(パイロンアタックには)出なくていい』と言うので、Linomだけ参戦。



今年は新たな試みで、第一走は「設定した時間(5秒)を越えずに、いかに5秒に近いタイムを出すか」を競うものになりました。パイロンスラロームの技術だけでは勝てず、熟練した大人でもスケートを始めたばかりの子どもに負ける可能性があります。



じっさいそういった“番狂わせ”もあって、二走目に残った“小さい子”は例年より多かったと思います。が、“入賞常連者”をボロボロふるい落とすまでにはいかなかったようで、二走、三走と進むうちに結局残ったのはいつもの顔ぶれ。それはそれで迫力のある、熱い戦いが見られてよかったんですけどね。



Linomは残念ながら二走目まで行かれませんでした。



パイロンアタックが終わってフリースタイル個人の部、デュアルのシニアとオープンクラスの決勝、フリースタイル団体の部、ダンスパフォーマンス、と進んで、最後の種目がリレー競技です。卜は当日に声を掛け合って結成した「リモ部(関東さん、ひゅうがなつさん)とお友だち(Koujiさん)」チームで出場しました。



結果、「リモ部とお友だち」は初戦の相手「松ぼっくりーズ」(←はらっパの男の子たちですよね?)に敗れました。ま、子どもたちに勝ちを譲ってあげました、ということで・・・(;・∀・)



‐6‐へ続く・・・)

スポンサーサイト




Newer Entryそして、フェスティバル!(6)

Older Entryそして、フェスティバル!(4)

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS