FC2ブログ

trueno mobile blog

卜(ぼく)がいま興味あることを書いてます。truenoとはスペイン語で“雷鳴”という意味です。

練馬区民体育大会・ローラースケート競技会に参加しました(‐その7‐)

Category: イベント  
‐その6‐からの続き)

そんな“ドキッ!まるごと伏兵だらけのスピード大会”(しかも区民体育大会なのに区外在住の参加者率高し)でしたが、スピード競技会の他にもローラー・フィギュアの競技会と、ローラホッケーのエキシビションマッチが例年行なわれています。スピード競技会が終わったところで路面が乾くのを待つために暫く時間が置かれ、続いてフィギュアの競技が始まりました。

スピード競技会に参加した皆も、フィギュア観戦です。大人も子どもも誰に言われるでもなく自主的にリンクの水掻きをしたりしたこともそうですが、インラインとかクァッドとかフィギュアとかスピードとかジャンルも関係なく見る者出る者一緒な感じの「皆で作り上げている感」が味わえるのも小さな大会の良さだと思います。

卜はローラースケートでのフィギュアというのは初めて見ました。当たり前のようなことを書きますが、アイスと同じことをやるんですね。上級者の演技ではアクセルターンのような大技も出て、周りで見ている人たちからもたびたび歓声が上がります。卜は《もっと大勢の、一般の方々にも見せたいなぁ》《アイスばかりでなく、ローラーだってもっと脚光を浴びてもいいのに》と思いました。

「スラローマー視点」で見ると、スラロームにも取り入れられそうな動きがいくつかありました。相馬さんが光が丘へ戻った後に大和君に「スラロームをやっていても参考になることがたくさんあるから、見に来ればよかったのに」と言っていましたが、その通りだと思いました。

11月23日の「きょうひか」にも書かれていましたが、かず99さんやトモユキ君がフィギュアのワンフットスイッチを、相馬さんと大和君はフィギュア的なワンフットスピンなどをやってみたり。「あれはできないかな?」「これはどうかな?」と、先刻見たことを思い出しながらフィギュアの技を試行する光景が見られました。

フィギュア競技の後、ローラーホッケーのエキシビションマッチ。そのころになるとウチの子どもたちが「腹減った」と騒ぎはじめました。「もうか~え~り~た~い~!」などと駄々をこねたんですが「表彰式もあるんだよ。Leoくん賞状もらうんじゃないの?」と言うと「あ☆そっか~」と現金なものですwww

好天なら12時には撤収のスケジュールが雨天で開始時間も遅れたり中断時間も挟んだりで時計も14時を回っていましたから無理もないのですが、おやつぐらいは用意しておくんだった。それに、腹が減ったのは子どもたちだけではなかったんですけどネ(^^;

‐その8‐に続く)
スポンサーサイト




Newer Entry練馬区民体育大会・ローラースケート競技会に参加しました(‐その8‐)

Older Entry練馬区民体育大会・ローラースケート競技会に参加しました(‐その6‐)

Comments



« »

09 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

trueno

Author:trueno
運動音痴の中年オヤジ。 娘がサンタさんからインラインスケートのブーツをもらったので、自分も付き合いで始めたら、娘以上にハマる。おもに光が丘公園に出没。sk8以外ではルーメソと立飲みを愛好。ベース弾き。13期。

お知らせ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
SNS